アンチエイジングで年齢肌ケアをしてみた!
  • HOME >
  • 標準的なスキンケアをしていてもシワのできやすい体

標準的なスキンケアをしていてもシワのできやすい体

標準的なスキンケアをしていてもシワのできやすい体質というのがあるのです。肌が薄い人ほど、出やすいです。
ナカナカハリが回復せず、しわがクッキリしてきたような気がしたら、自分の肌質を確認してみましょう。手の甲が薄くなっていたり、まぶたや目の下の血管がうっすら見えるような人は気をつけたほうがいいでしょう。表皮が薄いと水分が保持できないばかりか季節のダメージをうけやすいので、くすみやすく、肌の老化スピードが早まります。


以前は大丈夫だったとしても、肌の厚みは年々薄くなっていくので、自分の現在の肌質と年齢に合ったケアをきちんと見直してみるべきでしょう。いつの間にか増えていく肌のシワですが、シワのできる原因というのはさまざまあるものの、原因の一番大きなものとされているのが、乾燥です。



肌が水分不足になってしまうと、乾燥状態になり、シワが発生して、増加することになります。ところで目尻はシワの目立つ場所としても良く知られていますが、ここは皮脂の分泌量が少なく、他の部分よりずっと、乾燥に弱いとされていて、それで、この部分にいち早く小ジワが出現するという所以です。

それから、加齢に伴ってコラーゲン(体重のうちの6%くらいをコラーゲンが占めているのだとか)やヒアルロン酸といった、皮膚の張りを保つための成分が減少の一途をたどるばかりですから、シワやたるみは年齢を重ねるにつれ増えていく一方になります。どこにできたとしても、ニキビに関しては誰もが素早くキレイに治したいものです。

素早くニキビを治すためにも、ニキビには触れないことが大切なことです。


汚れた手で軽い気持ちで触っていると、ニキビが悪化しますし、あまり触りすぎるとお肌が傷ついてしまいます。
顔に刻み込まれてしまったシワ、なんとかできるならきれいさっぱり消し去ってしまいたいものです。ところでシワができる原因は、主に肌の老化であったり、紫外線の影響によります。シワができるのをなるべく防ぐため、日焼け止めをし、日傘、帽子などで紫外線カットします。夏のみならず、一年中おこなうようにし、そこまでしていても日に焼けてしまった場合は、必ずその日のうちに焼けた肌を冷やして、熱がこもらないようにします。



さらに、化粧水や美容液でしっかり保湿、シミの定着を予防して、乾燥を防ぐようにします。

こういったこまめな手当てでシミ、シワ対策をし、それが結局はアンチエイジングに持つながります。シワの原因の一つに紫外線があるので、外出する場合には日焼け止め対策のクリームを塗ったり、日傘をさして紫外線から肌を守るなど紫外線対策を十分に行ないましょう。



また、多くの紫外線を浴びてしまった場合には、ビタミンCの配合された美容液を使用してしっかりと肌トラブルにならないようにスキンケアしてください。


こういったスキンケアをしっかりと行っていくので、しわをきちんと防げます。数年前までは気にならなくても、歳を重ねるとともに、肌のシミが気になり始めるものです。



シミ対策に悩んでいる方には、ぜひおすすめしたいのが漢方です。

漢方はシミ対策というよりは、代謝をアップさせることによって体の中のシミのモトが少なくなったり、できてしまったシミが徐々に改善する手助けとなります。

飲むと体調が整ってくるので、シミ対策だけでなく健康的な体も望めます。


毛穴などが目たたないきれいな肌を保つには肌の水分を維持することがとても大切になります。

水分の足りない肌の方は日々の基礎化粧品でしっかり保湿してくれるタイプを選んで乾燥しないようにきちんと保湿してあげましょう。顔を洗って汚れがしっかり落ちたら間隔をあけずに化粧水をつけて肌を保湿して、それから乳液やクリームをつけて潤いを保ちましょう。センシティブスキンなので、ファンデーション選択には気を使います。
刺激が大きいものだと小さな発疹が出来てしまい、程なく痒くなるのです。
ですので、是非カウンターでサンプルをもらって試してから買い求めるようにしています。
この前買ったクリームファンデーションは肌にちょうどのようですが、これからもちゃんと試してお金を払いたいと思います。女性は出産後、体が妊娠前の状態に戻ろうとします。



ホルモンは生理周期でも変化しますが、妊娠により数ヶ月以上安定していたあとは影響が大聴く、肌の乾燥(しわ)や、ニキビ、しみの定着などが生じることは避けられないのです。また、美肌ホルモンとも言われるエストロゲンが急に減るため、肌が荒れやすく、極端に乾燥しやすくなります。
また、肌が刺激に弱いのもこの時期の特性です。外からの影響をうけやすいため、低刺激で無添加のスキンケアアイテムを選び、保湿に重点を置いたお手入れをしましょう。赤ちゃんはどこに触れてくるかわからないですから、安心できるものを使いたいものです。一日最低2リットルの水を飲向ことが健康な身体をつくるとされています。お肌の内側からも、水分を補給しなければなりないのです。水分不足はお肌の血行不良を招きます。
老廃物がお肌にたまるので、お肌のくすみやシミが目立ってしまいます。
それだけでなく、肌の乾燥を招くことで、くすみも小じわもほうれい線も増加していくのです。



ぜひ、水分を欠かさない生活習慣を保ってください。

関連記事はコチラ

メニュー